名古屋工業大学 都市社会工学科 学科紹介

都市社会工学科 Department of Civil Engineering and Systems Management

 学科概要

 環境都市系及び経営システム系の2つの教育プログラムの下で,環境都市の整備もしくは産業に関わる諸問題を解決できるエンジニアの養成を目指します.

 ■環境都市系プログラム

 公共空間の街づくりを担う社会基盤(鉄道,道路,公園,橋,港湾,上下水等)を計画・設計・建設・維持運用する技術として,都市・交通計画,地盤解析,構造耐震,構築材料,河川海岸防災,生態保全の工学体系を修得し、災害に強い環境都市形成のために国県庁等の幅広い職域で活躍する技術者を養成します.
 ■経営システム系プログラム

 文理融合型の教育を通して、社会を支える多様なシステム、その構成要素・マネジメント資源である「ひと・もの・かね・情報・時間」、そしてシステムのマネジメント手法を学びます。電機、自動車、情報通信、コンサルタント等、幅広い分野で、高い問題解決能力をもった技術者として活躍できます.

 ■あなたの将来イメージ

  環境都市系プログラム ← ←         → → 経営システム系プログラム



 ■都市社会工学科のプログラム分属

都市社会工学科には,2つのプログラムがあります.
  • 環境都市系プログラム
  • 経営システム系プログラム
1年後期から,2つのプログラムに分かれます.これが「分属」です.
分属後は,それぞれのプログラムが用意するカリキュラムを履修します.
なお,1年終了時にプログラム変更の申請が可能な場合もあります.

 ■都市社会工学科のアドミッションポリシー

 都市社会工学科では、2つのプログラムにおいて、以下のようなアドミッションポリシーをまとめています.

環境都市系プログラムでは、次のような学生を広く求めています.

  • 工学や科学技術に強い関心を持ち、数学・物理系科目などをはじめとして、そのための学習に必要な基礎学力をもつ人

  • 国土空間・都市空間的な観点からの社会基盤の整備に関して、計画・設計や、建設・維持・運用技術に関わる学問に関心を持つとともに、自ら新しい課題を見つけ,災害につよく豊かな環境都市社会を創造することに意欲をもつ人

  • 美しい国土および自然・地球環境の保全と調和を図り,現在および将来世代の安全,福祉,健康を増進し,人類の持続的発展を支え育む活動に意欲がある人

経営システム系プログラムでは、次のような学生を広く求めています.

  • 工学や科学技術にばかりでなく、人や企業、世界との関わりにも強い関心を持ち、文理融合の様々な科目に積極的に取り組める人

  • すべてをシステムとして把握し、「ひと、もの、かね、情報、時間」という観点で、汎用的なものの見方を身につけることで、新たな価値を創造することをめざす意欲のある人

  • グローバルな視点で、持続可能で豊かな社会の実現をめざし、社会のイノベーションを支えるために、自ら新しい課題を見つけ,問題を解決する技術の開発に取り組む意思をもつ人


都市社会工学科トップページ
 環境都市系プログラム        経営システム系プログラム
入試情報

名古屋工業大学 都市社会工学科    
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
最終更新日:平成23年 4月5日  

名古屋工業大学ホームページ